ジェネリックだから安い|愛犬の健康を守るお腹の薬!犬用キウォフプラスの紹介

黄色がかった錠剤

ジェネリックだから安い

シートから出ている薬

回虫や鞭虫といった寄生虫によって病気に悩まされている愛犬は、動物クリニックに連れて行くことでその病気を治すことができます。効果的な治療薬をもらい、用法用量を守ってのませることで治療は完了します。犬用キウォフプラスと同じ成分を含む薬が、動物クリニックでは処方されることになります。バイエル社という製薬メーカーが開発したドロンタールという薬です。犬用キウォフプラスと同じ錠剤で、用法用量もほとんど変わりません。
つまり、回虫症などにかかっている犬を飼っている方には、2つの選択肢があるわけです。通販で犬用キウォフプラスを購入するか、それとも動物クリニックでドロンタールを処方してもらうか……。その2つの選択肢の中でも、ここでは特に前者を推したいと思います。なぜかというと、通販で犬用キウォフプラスを選んで購入したほうが、安くつくからです。
犬用キウォフプラスはドロンタールのジェネリック医薬品だからです。キウォフプラスを開発したSAVA VET社は、バイエル社が開発したドロンタールと同じ成分を使って薬を開発しました。このように、あるメーカーが、同じ成分を使って作られた薬を「後追い」で作るものを、ジェネリック医薬品と言います。
ジェネリック医薬品は、元の薬よりも安く開発できるという特徴を持っているので、メーカーのほうも販売価格を安く設定しています。つまり犬用のキウォフプラスを購入することで、ドロンタールを処方してもらうよりも安いお金で、犬用の虫下し薬を手に入れることができる、ということなのです。