薬の虫下し成分|愛犬の健康を守るお腹の薬!犬用キウォフプラスの紹介

黄色がかった錠剤

薬の虫下し成分

薬を持っている白衣の男性

犬用のキウォフプラスは、1回1錠の小さな錠剤。それをのませるだけで愛犬の体内に巣食う回虫、鞭虫その他の寄生虫を駆除することができ、消化不良などの症状を抑えることができるということで、犬を飼っている人にはたいへん重宝するものだと思います。回虫や鞭虫は自然界の至るところに生息していて、さまざまな経路で、特に口を通して入っていくことになります。回虫や鞭虫は自然の中ではけっこう生命力が強いので、たとえば犬が口にすることがあるフンなどに付着して生き続け、口に入れたときに寄生が始まる、ということになります。

しかし、そんな生命力の強い寄生虫も、犬用キウォフプラスの前には膝を折る、ということになりそうです。
犬用のキウォフプラスにはパモ酸ピランテル、フェバンテルという有効成分が含まれており、これらの成分が寄生虫を死滅させてしまうのです。
具体的には、これらの成分は寄生虫の身体活動をマヒさせて、生命の持続を困難な状況に追い込みます。その状況が続き、やがて寄生虫は死んでしまうのです。
死んでしまった回虫や鞭虫はそれ以上、胃腸で猛威をふるうことはできず、ほかの排泄物と一緒にフンとなって体外に出ていき、一件落着です。
このようにして、犬用のキウォフプラスは愛犬から寄生虫を一掃してくれます。